音楽データの焼き方(CDへの書き込み方)

1.Windows Media Player(WMP)での方法

2.iTunesでの方法/Windows

3.iTunesでの方法/Mac

 

1.Windows Media Player(以下WMP)での方法

1-1.WMPを起動させる。

1-2.「書き込み」タブを左クリック。

1-3.「書き込みオプション」ボタンを左クリック。

1-4.「オーディオCDが選択されているか(黒丸がついているか)確認。

1-5.PCにCD-Rをセット。

※CD-RとCD-RWの違い

家電ショップなどでCD-RとCD-RWという2種類の書き込み可能CDが売られています。

このうち、CD-Rは1回しか書き込みできないのに対し、CD-RWは1000回くらいまで書き換え可能という違いがあります。ただし、CD-RWは非対応の音楽プレーヤーもあります。音楽CDを作る時はCD-Rで作った方が無難でしょう。

また、CD-Rは「音楽用」と「データ用」の2種類が販売されており、どちらでも音楽CDは作成できます。ただし、著作権への配慮がなされているため、できれば「音楽用」のCD-Rを使いましょう。

1-5.画面中央のコピーしたい曲を右側の書き込みリストにドラッグ

あるいは書き込みたい曲をフォルダから直接書き込みリストにドラッグ

※ドラッグ…左クリックしたまま離さずに引っ張って動かすこと。

1-5.書き込みリストの中に書き込み予定曲が入ったら、「書き込みの開始」を左クリック。

1-5.書き込みが終わると「書き込み完了」という表示が出ます。これで書き込みは終わりました。ちゃんと書き込まれているか再生してみましょう。

 

豆知識:wma?mp3?ファイルの拡張子について

以下のことは今回ではあまり関係ありませんが、豆知識として知っておくと今後役に立ちます。

音楽データで「~~.wma」や「~~.mp3」というようなドットの後の3文字くらいの英数字を見たことがあるでしょうか。これは「拡張子(かくちょうし)」と言って、ファイルがどのような形式で作られているかを示す目印です(Windows10の初期設定では表示されていません)。音楽データの代表的な拡張子では「.wma」、「.wav」「.mp3」などがあります。音楽プレーヤーは対応していないファイル形式は再生できないため、WMPはCD-Rに書き込む際に「.cda」という形式に変換して保存しています。PC上のファイルそのままではプレーヤーで再生できないのに対し、CD-Rに書き込んだファイルが再生できるのはこのためです。市販のmp3プレ-ヤーなどではUSBメモリなどに入れた、拡張子が「.mp3」のファイルをそのまま再生できたりもします。

 

2.iTunesでの方法/Windows

2-1.iTunesを起動させます。

2-2.まず、プレイリストを作成します。

[ファイル]メニューの[新規][プレイリスト]を左クリック。

プレイリストに好きな名前をつけましょう。今回は車の中で聞くCDを作るつもりで「ドライブ用」という名前にしました。

プレイリストのタイトル下の部分に曲をドラッグすると、曲を追加できます

曲の順番はドラッグで好きに入れ替えられます。

曲を消したい時は、曲を選択(左クリック)して、Deleteキーで削除できます。

2-3. PCにCD-Rをセット。

2-4. 2-1.で作成したプレイリストを左クリックして選択します。

2-5.[ファイル]メニュー>[プレイリストからディスクを作成]を左クリック。

2-6.ディスク作成設定画面が出てくるので、ディスク作成にあたっての設定を行います。

以下の項目を好みに合わせて変えてみてください。基本的には、「オーディオCD」を選択して、「サウンドチェックを使う」にチェックを入れていれば大丈夫です。

・録音速度…ディスクにデータを書き込む速さです。「最大」にしておきましょう。

・ディスクフォーマット…オーディオCD、MP3CD、データCDの3種類が存在します。

・オーディオCD…いわゆる普通の音楽CDです。PC以外の再生機器でも再生できます。

・MP3CD…MP3形式のファイルを再生できる機器で再生できます。作成のためには、CDに入れる曲を全てMP3形式で統一する必要があります。

・データCDまたはDVD…基本的にPCでのみ再生できます。

※Apple Musicからダウンロードした曲はCDに書き込めません。

 

オーディオCDを作成する場合は以下の設定ができます。

・曲の間隔…曲と曲の間の待ち時間を設定します。待ち時間を変える場合は秒数の欄を左クリックして、好みの長さに変えましょう。

・サウンドチェックを使う…CDの中の曲の音量を均一にします。使う時はチェックボックス(白い四角)を左クリックしてONにしましょう。

・CD-Textを含める…曲に付属する文字データもCDに書き込みます。ONにすると、対応する車載プレーヤーなどでCDを再生すると、曲のタイトルが表示されます。

2-7.設定が終了したら、[ディスクを作成]ボタンを左クリック。

2-8.少し待てば、完成します。

 

3.iTunesでの方法/Mac

Macを使ってiTunesからデータ書き込みを行う場合は、Windowsを使った時と操作は同じです。

MacはCDドライブ(CDを入れるところ)が付属していない機種が多いので、外付けCDドライブを別に用意しましょう。

 

ページ上部へ戻る